なぜ背中ニキビができるの?仕組みを解説

投稿日:

ニキビの出来やすい部位として上位にくるのが背中です。

首の付け根から背中にかけてできるニキビに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

自分からは見えない背中も人からはばっちり見られています。

正しいケアで美しい後ろ姿を作りましょう。

 

なぜ背中ニキビができるの?

そもそもなぜ背中にニキビが出来やすいのでしょうか。

正中線とよばれる身体の中心部分は、皮脂腺が多く分布していると言われています。

そのため、皮脂の分泌量も多くニキビになりやすいのです。

鼻や女性であれば胸の谷間などにできやすいのも同じ理由からです。

特に背中は自分では見えないためケアが難しくなってきます。

例えば髪が長い方は入浴時にジャンプーをした際、すすぎが甘くて毛先の方にシャンプー剤が付いたまま後ろに流しているとちょうど背中に毛先が当たってシャンプー等の刺激でニキビが出来やすくなることもあります。

また、寝る時も身体は汗をかきます。

仰向けで寝る方は、背中に汗をかきやすくなってしまいます。

寝ている間は汗をふけないため、汗の刺激でさらにニキビができやすくなってしまうのです。

その他にも上手く背中が洗えなかったり、日々紫外線に当たるような服装をしていて刺激を強く受けていたりすると背中ニキビの原因となります。

 

背中ニキビの予防

背中ニキビは一度できてしまうとケアが難しいため、まずはできないように予防を行なっていきましょう。

一番大切なことは常に清潔に保つことです。

背中はとても洗いにくいところではありますが、毎日しっかりと洗ってあげましょう。

その際もただゴシゴシとかすればいいわけではありません。

かえって刺激が強く肌荒れの原因となってしまうこともあります。

モコモコに泡立てた泡で優しく洗っていきましょう。

そしてお顔のケアと同様、乾燥しないように化粧水やボディクリーム等で保湿していきましょう。

そしてら洗う順番も注意しましょう。

この入浴の際、身体は最後に洗います。

髪を洗いシャンプーやリンスが背中を伝って流れていくのでその後に身体を洗ってシャンプーやリンスの残りがないようにしっかりと洗い流してあげましょう。

そしてストレスも大きくかかわるため、なるべくストレスを溜めない生活を心がけましょう。

寝る前にリラックスする音楽を聞いたり飲み物を飲んだりアロマを焚いたりするのも効果的です。

 

背中ニキビの改善

やむおえず背中ニキビができてしまう場合もあります。

その際はまずニキビに極力触れないようにしてください。

そしてニキビの段階にもよりますが、赤く炎症したり黄色く膿を持つニキビの場合は病院に行きましょう。

ニキビのできかけや炎症までしていないニキビの場合はケアを行えます。

まず、予防の時と同じく肌を清潔に保つことが必要となってきます。

いつも身体を洗う石鹸にスクラブを追加してみましょう。

タオルの中心にスクラブを付けて背中に回し擦ります。

お顔のスクラブと同じ感覚です。

そして湯船に浸かって温まりましょう。

ニキビの原因の1つにストレスがあります。

ストレスを感じると自律神経が乱れホルモンバランスが乱れてニキビができやすくなってしまいます。

そのため、ゆっくりと湯船に浸かって疲れをとりましょう。

そして保湿は絶対行います。

背中に吹きかけられるスプレータイプの化粧水があると非常に便利です。

その際、カミツレ花エキスや甘草エキスなど抗炎症作用のある成分が配合されている化粧水を使うとより効果が期待できます。

薬用のニキビのクリームなどがある場合は化粧水の後につけてください。

 

まとめ

背中のニキビはふとした時に非常に目立ちます。

どの角度から見られても自信を持って美しい肌でいるために、背中ニキビのケアは絶対です。

自分では手の届きづらいところではありますが、やり方を覚えれば簡単にケアを行うことができますす。

背中ニキビで悩んでいる方も、背中ニキビの予防を行いたい方も、今日からはじめて背中美人を目指しましょう。

Copyright© 【プラクネ】2019春夏に向けて美容オタクが使ってみた!口コミレビュー多数 , 2019 All Rights Reserved.