【トラブル肌必見】乾いた肌を潤す成分5選!!

投稿日:

乾燥肌の人は脂肌や普通肌の人より肌が荒れやすく大変です。

乾燥しているところから肌荒れが始まり、粉を吹いたり出来物が出来やすくなったり傷も出来やすくなります。

乾燥肌の人にとっては保湿が必要でうるうる肌を目指しています。

乾燥肌の人がうるうる肌になるにための成分を説明します。

乾燥肌を潤す成分5選!!

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは保湿成分の種類の1つです。

化粧水や美容液によく含まれており、肌を整えるためにある保湿成分の1つです。

保湿成分の中でも乾燥肌の人や敏感肌に使える大きな成分で、保湿としても役割をするし肌のしわの予防にもなる成分です。

ヒアルロン酸は元々体内に含まれており、年齢が増えてしまうと体内のヒアルロン酸という成分が少なくなってしまいます。

ヒアルロン酸入りの注射、化粧水、美容液などから保湿成分を取り入れることで、体の中に足りないヒアルロン酸を増やす役割があります。

保湿の成分としては優れた成分で、乾燥肌をしっかり整えてくれます。

セラミド

セラミドも保湿成分の1つです。

化粧水や美容液以外にも石鹸や他の化粧品によく含まれています。

ヒアルロン酸と同じで体内にはセラミドという成分が元から含まれており、歳を取ると少なくなってしまいます。

ヒアルロン酸は保湿成分や肌を整えることで優れた成分ですが、セラミドは乾燥によるアトピーや美容目的のために優れている成分です。

肌そのものを保護するよりは、セラミドの成分を摂取することで美容やうるおい肌になり、うるおい肌になるからこそ乾燥肌を治し乾燥肌から来る肌の衰えを治してくれる成分です。

ヒアルロン酸とは保湿以外は別の目的とした保湿成分で、どちらも乾燥肌を治す成分に優れている成分です。

コラーゲン

コラーゲンも乾燥肌を整えて乾燥肌から来る肌荒れを防止する成分です。

肌の保湿目的というより肌に保湿が足りないからこそ肌の乾燥の人が使いやすく使い心地よく使う成分です。

水溶性コラーゲンは化粧品に含まれており使い心地も安定しており普通の化粧品よりはさらりとした心地で使えます。

水溶性コラーゲンも加水分解コラーゲンでもどちらも乾燥肌にいい成分で、肌の美容やうるおい肌になるために肌を整える、肌を保護する成分として役立ってくれます。

アミノ酸

アミノ酸はよくシャンプーにも含まれており、肌を刺激しにくく乾燥肌も整えてくれる成分です。

アミノ酸入りの化粧水やシャンプーはどちらかというと肌を刺激しにくくする目的で作られている優しい成分です。

このアミノ酸はコラーゲンを一緒に作り出す作用があり、コラーゲンの代わりにアミノ酸を利用する方法もあります。

アミノ酸は化粧品やシャンプー以外にも食べ物でも補うことが出来ます。

卵や牛乳などの乳製品もしくは鶏肉から補うことが出来ます。

今刺激されて乾燥肌で弱りがちな肌もしっかり優しく潤いながら整えてくれます。

ミネラル

ミネラルは食べ物や化粧品から補うことが出来ます。

ミネラルでよく耳にするミネラルウォーターにもミネラルが含まれています。

ミネラルとは普通の水より保湿力が少し高い成分であり、水分補給、水分不足から来る乾燥肌を潤わせ、体全体の肌をよくする成分です。

ミネラルは特に副作用もなく保湿成分だけです。

飲み物からはミネラルウォーター、化粧品やクリームの場合はミネラルと表示されている化粧品を見て買います。

ファンデーションは一見乾燥肌に合わずかさつく印象もありますが、乾燥肌を意識しているミネラルファンデーションもあります。

まとめ

特にこの5点のうち、セラミドとヒアルロン酸は乾燥肌にとても優れています。

ヒアルロン酸は肌を保護するそのものの成分のため乾燥肌にもいいし、敏感肌や刺激されている肌にもとても馴染みやすくなります。

うるおい肌を保つことで乾燥肌をなくし、ケアをすると肌もよくなります。

乾燥しているのに何も行わないと肌を元通りにするのに時間もかかります。

Copyright© 【プラクネ】2019春夏に向けて美容オタクが使ってみた!口コミレビュー多数 , 2019 All Rights Reserved.