皮脂の量をコントロールして乾燥を防ぐ方法!!

投稿日:

年齢を重ねてもいつまでもキレイな肌でいたいという望みを叶えるには、皮脂と乾燥をコントロールすることが必要になります。

毎日のスキンケアで皮脂の量を適正にし、乾燥状態を改善するのにはどのようなスキンケア方法を使うのが良いのかをお伝えしますので、肌のトラブルに困っている方は参考にしてみてください。

理想的な肌になるために必要なこと

肌質の中で理想的な状態と言われる普通肌は、皮脂の分泌量が多すぎず少なすぎず、肌の水分量も十分あるという状態のことです。

しかし30代後半を過ぎると皮脂の分泌が過剰になってしまったり、肌の水分量が減ってしまい乾燥状態が進むといった困りごとが出て来やすくなります。

それは何故かと言うと、30代後半以降に皮脂量が過剰になるのにはホルモンバランスが崩れてしまい、皮脂の分泌を司るホルモンが体内で優位になることが関係しています。

また、肌の水分量が不足するのには、角質層にある細胞間脂質の大部分を占めている水分保持機能を持つセラミドという成分が、加齢に伴って減少することが影響しています。

皮脂の分泌量は更年期を過ぎると減っていくので、50代位からは皮脂の量が不足していることによる肌トラブルが気になるようにもなってきます。

このように、肌の状態は年齢によって様々に移り変わっていきます。

年齢を重ねることによって起こる変化に個人差はありますが、基本的には肌を良い状態に保つためには常に自分の皮脂の量と乾燥状態に気をつけて、足りない部分を補うような適切なスキンケア方法を使うことで上手にコントロールしていくことが必要となります。

皮脂は多すぎても少なすぎてもトラブルが起こる

皮脂は皮脂腺から分泌される成分で、肌の表面に皮膜を作り皮膚を保護する働きをしています。

そのため、皮脂の分泌量が少なすぎたり、洗顔のしすぎなどで取りすぎたりしてしまうと肌を保護する膜が足りなくなり、肌の内部の水分が逃げてしまい乾燥が進んだり、肌のバリア機能が低下して外部からの刺激に弱くなってしまうといった肌トラブルの原因になります。

逆に皮脂が多く分泌されすぎていると、ニキビが出来る原因になったり、顔が脂でテカったりお化粧が崩れやすいという悩みが出てきます。

皮脂の量をコントロールするためのスキンケア方法

皮脂の過剰分泌に困っている場合、脂性肌と呼ばれます。

脂性肌には肌に油分と水分のどちらもが過剰にあるタイプの人と、水分は少ないのに油分が多いというタイプの人に分かれます。

前者は男性に多い肌質ですが、アンチエイジングを考える世代の女性に多いのは後者の乾燥性脂性肌でしょう。

乾燥性脂性肌の人は、皮脂を取りすぎる間違ったスキンケアを行っている場合が多いです。

間違ったスキンケアを続けているといつまでも肌トラブルが解決しない可能性が高いため、自分の習慣を見直してみるのがおすすめです。

皮脂の量を適正にするために気をつけるべきこと

自分が脂性肌だと思っている人は、皮脂を取らなければならないという思い込みによってクレンジングをしすぎる傾向があります。

すると肌の乾燥が進み、肌が肌表面を保護しようとして皮脂の分泌を過剰に行うことになります。

これを繰り返していると、肌の乾燥状態は悪化し皮脂の過剰分泌は収まらないという悪循環になることがあるので注意が必要です。

また、脂性肌だから化粧水を使わないなどの間違った行動を取っている場合も、保湿が足りないせいで皮脂が過剰分泌されることがあります。

そのため、乾燥性脂性肌かもしれないと思った人は、肌にとってなるべく優しいクレンジング剤を使い、肌の潤いを失わないようにメイク汚れだけをしっかり落とすことが大切です。

そして洗顔後は化粧水と乳液で保湿するようにしましょう。

なお、どうしてもニキビが出来てしまうという場合は乾燥しやすいフェイスラインや目元、口元のみに乳液をつけるという方法も改善効果が期待出来ます。

加齢による肌の乾燥に悩む人は多い

年齢を重ねると肌の新陳代謝が低下していき、セラミドの産生量も少なくなっていきます。

角質層のセラミドが減少すると肌の水分含有量も低下するため、年をとるに連れて肌がカサカサするという乾燥状態に悩む人が増えてしまいます。

肌の乾燥状態を改善出来ない場合、外部刺激を通しやすくなってしまい、ちょっとしたことでもかゆみを感じて肌の表面を掻いて傷つけることにより、肌荒れを起こしたり敏感肌になってしまうことも心配です。

乾燥をコントロールするためのスキンケア方法

加齢による乾燥に悩んでいるなら、更に乾燥させないためのスキンケア方法を使いましょう。

それは洗顔の時に強くこすりすぎたり、洗浄力の強すぎる洗顔料やクレンジングで洗うのを控えるという方法です。

それから上質な保湿成分がたっぷりと入ったスキンケア化粧品を使って毎日のケアを行うことが重要になります。

例えばヒアルロン酸やセラミドなどの保湿と保水成分が配合された化粧水を塗り、その上から乳液でしっかりと蓋をすることによって肌の潤いを逃がさないようなケアをすると良いでしょう。

まとめ

肌の乾燥や皮脂の過剰分泌に悩んでいる人は多いものです。

肌の状態が悪いと感じたら、使っている洗顔料やスキンケア化粧品を見直すことで改善を目指してみてください。

それに加えて睡眠をしっかり取ったり禁煙、栄養バランスの良い食事を心がけるといった生活習慣の見直しも行っていけば、肌の状態を良い方向に変えられるはずです。

Copyright© 【プラクネ】2019春夏に向けて美容オタクが使ってみた!口コミレビュー多数 , 2019 All Rights Reserved.